無垢材との付き合い方

今週は一気に冷え込みましたね~
また週明け雪が降るとか・・・お気をつけください。

さて、本日はちょうど一年前にお引渡しをしたM様邸へお邪魔してきました。

相変わらずご家族みなさんお元気そうで、不便なく快適に暮らしていると、嬉しいお言葉をいただけました。

そういったお声を聞けるともう本当に嬉しくて嬉しくて。
メラメラとやる気がみなぎってきます。

ご訪問してもう一つ感動したことは、M様邸のフローリングはナラのヘリンボーン張りなのですが、1年前とまったく状態が変わらず、色の深みやツヤがしっかり保たれていました。

お聞きするに、半年に一度、ご家族でオイルメンテナンスをしているとのこと! 経験のある方はわかるかもしれませんが、オイルがけって結構大変なんですよね。

年に1回くらいが平均的ですが、半年に1回は素晴らしい。その効果が如実に表れていて、メンテナンスの大切さを改めて感じました!

しっかり愛着をもってお手入れをしていけば、なが~く良い状態で使えるのが無垢材の良いところです。

大事にして頂けていて、とても嬉しいです!

M様邸のリノベ事例はこちら。
case054-01

アートと夜景が映える、シンプル&クールに削ぎ落とした空間

新築マンションにはない自由設計の面白さに魅力を感じ、中古× リノベを選択されたF 様。海外旅行に行った際に少しずつ買い揃えたアート作品やインテリア。それらがさりげなく飾られそれぞれの個性が映えるよう、住まい全体はシンプルでクールな印象に。高層階から眺められる景色もひとつのアートとして楽しめるお住まいです。

詳しくはこちらから!

中古× リノベで木素材につつまれたスローライフな空間に

木素材を多く使用したインテリアを好まれたO 様。床、壁、扉、造作家具とそれぞれの場所に適した素材を使いわけ、質感豊かな住まいへ。LDK の下がり天井は板貼りにして、ホッと心が和むぬくもりのある空間に。玄関は床に好みのタイルをデザイン貼りしたり、収納の入り口をアール開口にすることで、愛着の湧く住まいの顔となります。

詳しくはこちらから!