リノベ完成見学会@南区

今日は南区でオープンルーム、リノベ完成見学会でした

ほかのスタッフの担当のお住まいは、見学会のときは私たちスタッフもいつもワクワクします。

いろんな部屋のいろんな部分にカラーリングで遊び心を取り入れている楽しいお住まいでした!

中でも個人的に気になったのは、RでつくったWICの枠と、トイレの既存扉に使用していた鮮やかなレッド。

o0480036013553953167

o0480064113553953181

AVOCA MIllという工場の建物に使用されている色をイメージしているそう。

お施主様が見かけて、この色いい!と直感で思われた色だとのこと。そういう直感ってすごく大事だと思います!

その直感を信じて、こんな鮮やかな色を取り入れたお施主様、素晴らしいです。日々の生活の中で、直感的にいいと思うものが自分らしい感覚なんだと思います。

自分の好みも、日によって、気分によって変わることもあると思いますが、なんとなく心にずっと残っているものって結構ありますよね。それが蓄積されていくと、自分がどんなものが好きなのか、わかってくる気がします。

何年か経って好みが変わったら、あまり好きじゃなくなるかも・・・と思ってつい消極的になってしまいますよね。

でも、それを失敗したと取るのではなくて、あ~あの時の自分はこれが好きだったなぁ、趣味変わったなぁと、自分の変化も楽しめるようになると、毎日穏やかですよね。笑

そんな心の余裕が欲しいな、と常日頃思う私です。

アートと夜景が映える、シンプル&クールに削ぎ落とした空間

新築マンションにはない自由設計の面白さに魅力を感じ、中古× リノベを選択されたF 様。海外旅行に行った際に少しずつ買い揃えたアート作品やインテリア。それらがさりげなく飾られそれぞれの個性が映えるよう、住まい全体はシンプルでクールな印象に。高層階から眺められる景色もひとつのアートとして楽しめるお住まいです。

詳しくはこちらから!

中古× リノベで木素材につつまれたスローライフな空間に

木素材を多く使用したインテリアを好まれたO 様。床、壁、扉、造作家具とそれぞれの場所に適した素材を使いわけ、質感豊かな住まいへ。LDK の下がり天井は板貼りにして、ホッと心が和むぬくもりのある空間に。玄関は床に好みのタイルをデザイン貼りしたり、収納の入り口をアール開口にすることで、愛着の湧く住まいの顔となります。

詳しくはこちらから!