2015年7月21日発行の『住まいの設計』に掲載

20150721sumai

2015年7月21日発行の『住まいの設計』(扶桑社)に、名古屋市港区の戸建てリノベーション、M様邸(リノベ事例045「想い出BOX」)が掲載されました!

「MAGIC!RENOVATION~リノベで自分らしい家」の巻頭で6ページにわたって紹介。御祖父様から継承(相続)された愛着ある家を、思い出を残しながら、自分たちらしくリノベーションされています。

おじいさまから譲り受けた木造の家、思い出をつなぐ住まい

ご主人が幼い頃に暮らしていたおじいさまの家。沢山の思い出やおじいさまの想いを継承するため、建て替えではなく耐震補強+リノベーションで再生。新居として家族みんなで暮らし始めたのは約5 年前。それから時が経過し家族も二人増え、ご夫婦が望んだ「子供たちが遊びながら学べる、遊び心のある住まい」も、DIY で手を加えながら模様替えしてきました。そんな経年変化がご覧いただけ、オーナー様の生のお声も伺える数少ない見学会となります。どうぞこの機会をお見逃しなく。

詳しくはこちらから!

北欧家具も似合う和テイストの住まいで、猫との暮らしを楽しむ

思い出の旅館や好きな蕎麦屋さんからインスピレーションを受け、ナラの無垢フローリングや大谷石、玉砂利敷など和の温かさを感じられる内装へとリノベーション。リビングにはTV ボードや本棚を兼ねたキャットステップを造作。人と猫が互いに心地よく暮らせるようレイアウトや素材を吟味した、W 様らしい住まいとなりました。

詳しくはこちらから!