2010年9月25日(土)に名古屋栄で「ハコとおかねの集中講義」を開催しました

名古屋栄で、ハコとおかねの集中講義。

2010年9月25日(土)、名古屋の中心地「栄」にある築2000年のマンションをリノベーションした自社物件(リノベ事例012「black」)でセミナーイベントを開催しました。

ハコとお金、普段は別々に取り扱う内容をひとつに集約することで、内容の濃いイベントとなりました! 話を聞いたあと、実際にリノベーション物件をそのまま見学いただきました。


 

写真:配布資料のイメージ

前半は、ハコの選び方。

ハコ(中古物件)選びの注意点をピックアップして解説。スライドを用いてわかりやすく説明したあと、そのまま会場の実際のリノベーション物件の見会を実施しました。

後半は、おかねの話。

リノベーション資金捻出のための賢い節約術にはじまり、リノベーションの際にネックとなるローン申請について、リノキューブ専属のファイナンシャルプランナーがスマートな資金計画を提案、個別相談にも対応させていただきました。

アートと夜景が映える、シンプル&クールに削ぎ落とした空間

新築マンションにはない自由設計の面白さに魅力を感じ、中古× リノベを選択されたF 様。海外旅行に行った際に少しずつ買い揃えたアート作品やインテリア。それらがさりげなく飾られそれぞれの個性が映えるよう、住まい全体はシンプルでクールな印象に。高層階から眺められる景色もひとつのアートとして楽しめるお住まいです。

詳しくはこちらから!

中古× リノベで木素材につつまれたスローライフな空間に

木素材を多く使用したインテリアを好まれたO 様。床、壁、扉、造作家具とそれぞれの場所に適した素材を使いわけ、質感豊かな住まいへ。LDK の下がり天井は板貼りにして、ホッと心が和むぬくもりのある空間に。玄関は床に好みのタイルをデザイン貼りしたり、収納の入り口をアール開口にすることで、愛着の湧く住まいの顔となります。

詳しくはこちらから!