2010年9月12日(日)にリノベーション工事中現場見学会を開催しました

 とってもマニアックなリノベ工事中見学会。

2010年9月12日(日)に、リノベーション工事が進行中のお宅にて、お施主様のご厚意により見学会を開催しました。

工事途中ということで、施工後は壁となって見えない壁骨組み状態(スケルトン)や、配管、床材の組み方など施工のしくみをご理解いただくのに最適なイベントとなりました。

とってもマニアックなイベントだったにもかかわらず、たくさんの方にご来場いただきました。


 

空間の構成要素がよくわかる「スケルトン」。

工事途中の現場を見ても意味があるのか、という意見もあります。一方、特に中古物件の場合、自分たちがつくろうとしている空間の経年変化や断熱のしくみなどの見えない部分を理解するのは、とても重要だという考えのもと、イベントを企画しました。

ご参加ありがとうございました!

パリのアパルトマンのような雰囲気をイメージした家

6年前に中古マンションを購入してリノベーションを実現したお宅に訪問できる機会をご用意しました。パリのアパルトマンのような雰囲気をイメージしてこだわりを詰め込んだ他、創作キッチン、モザイクタイルの床、パントリー、オーバル浴槽、床暖房など随所に工夫を施しています。

詳しくはこちらから!