2010年9月12日(日)にリノベーション工事中現場見学会を開催しました

 とってもマニアックなリノベ工事中見学会。

2010年9月12日(日)に、リノベーション工事が進行中のお宅にて、お施主様のご厚意により見学会を開催しました。

工事途中ということで、施工後は壁となって見えない壁骨組み状態(スケルトン)や、配管、床材の組み方など施工のしくみをご理解いただくのに最適なイベントとなりました。

とってもマニアックなイベントだったにもかかわらず、たくさんの方にご来場いただきました。


 

空間の構成要素がよくわかる「スケルトン」。

工事途中の現場を見ても意味があるのか、という意見もあります。一方、特に中古物件の場合、自分たちがつくろうとしている空間の経年変化や断熱のしくみなどの見えない部分を理解するのは、とても重要だという考えのもと、イベントを企画しました。

ご参加ありがとうございました!

共働きのご夫婦が穏やかな時間を過ごすためのリノベーション

リノベーションするなら必要最低限のモノで暮らす「ミニマムな生活」を取り入れ、おしゃれな家で住みたいとお考えだったT 様。休日の時間をのんびり過ごせるようリビングには、小上がりのタタミコーナーやデスクスペースを計画。南側の大きなマドから入る光が、住まいを明るく心地よい空間にしてくれます。

詳しくはこちらから!