2010年9月12日(日)にリノベーション工事中現場見学会を開催しました

 とってもマニアックなリノベ工事中見学会。

2010年9月12日(日)に、リノベーション工事が進行中のお宅にて、お施主様のご厚意により見学会を開催しました。

工事途中ということで、施工後は壁となって見えない壁骨組み状態(スケルトン)や、配管、床材の組み方など施工のしくみをご理解いただくのに最適なイベントとなりました。

とってもマニアックなイベントだったにもかかわらず、たくさんの方にご来場いただきました。


 

空間の構成要素がよくわかる「スケルトン」。

工事途中の現場を見ても意味があるのか、という意見もあります。一方、特に中古物件の場合、自分たちがつくろうとしている空間の経年変化や断熱のしくみなどの見えない部分を理解するのは、とても重要だという考えのもと、イベントを企画しました。

ご参加ありがとうございました!

おじいさまから譲り受けた木造の家、思い出をつなぐ住まい

ご主人が幼い頃に暮らしていたおじいさまの家。沢山の思い出やおじいさまの想いを継承するため、建て替えではなく耐震補強+リノベーションで再生。新居として家族みんなで暮らし始めたのは約5 年前。それから時が経過し家族も二人増え、ご夫婦が望んだ「子供たちが遊びながら学べる、遊び心のある住まい」も、DIY で手を加えながら模様替えしてきました。そんな経年変化がご覧いただけ、オーナー様の生のお声も伺える数少ない見学会となります。どうぞこの機会をお見逃しなく。

詳しくはこちらから!

北欧家具も似合う和テイストの住まいで、猫との暮らしを楽しむ

思い出の旅館や好きな蕎麦屋さんからインスピレーションを受け、ナラの無垢フローリングや大谷石、玉砂利敷など和の温かさを感じられる内装へとリノベーション。リビングにはTV ボードや本棚を兼ねたキャットステップを造作。人と猫が互いに心地よく暮らせるようレイアウトや素材を吟味した、W 様らしい住まいとなりました。

詳しくはこちらから!