新しい生活のスタート

先週末は、リノベーション完成見学会でした

たくさんの方にご来場頂き、本当にありがとうございました。

1フロア100㎡近くの広さがあるRC造の戸建て住宅のリノベーション。

贅沢な空間の使い方と利便性を追求した動線計画、相反しているように感じますが、

面白くまとまったと思っています。

ご見学いただいた方々も、このスケール感にはびっくりされた方も

お見えになるのではないでしょうか。

o0500037513605045171

o0500037513605045170

個人的には、空間はただ広ければいいとは思わず、メリハリだと思っています。

贅沢な広さがあるスペース、狭くて囲われた特別感のあるスペース・・・。

狭さを感じるから広さが際立つというか、双方のよさが強調されるように思うのです。

あまり、極端になり過ぎないとこも大切ですが・・・。

o0500037513605045355

o0500037513605045172

家族それぞれの特別なスペースもあり、ふと自分の時間に入ることもできます。

うらやましい!

「住まい」というのは、家族のカタチを如実に表しているように思います。

ここから、H様ご家族の新しい生活がスタートするのだと思うと、私も胸が高鳴ります。

笑顔溢れる生活がここからスタートしますように!

アートと夜景が映える、シンプル&クールに削ぎ落とした空間

新築マンションにはない自由設計の面白さに魅力を感じ、中古× リノベを選択されたF 様。海外旅行に行った際に少しずつ買い揃えたアート作品やインテリア。それらがさりげなく飾られそれぞれの個性が映えるよう、住まい全体はシンプルでクールな印象に。高層階から眺められる景色もひとつのアートとして楽しめるお住まいです。

詳しくはこちらから!

中古× リノベで木素材につつまれたスローライフな空間に

木素材を多く使用したインテリアを好まれたO 様。床、壁、扉、造作家具とそれぞれの場所に適した素材を使いわけ、質感豊かな住まいへ。LDK の下がり天井は板貼りにして、ホッと心が和むぬくもりのある空間に。玄関は床に好みのタイルをデザイン貼りしたり、収納の入り口をアール開口にすることで、愛着の湧く住まいの顔となります。

詳しくはこちらから!