本当に住みたい家を、あらためて考える

『Casa BRUTUS』2月号のメインタイトルは「本当に住みたい家」。

o0800060013560042855

どのお宅も自分達のライフスタイルにあった素敵なお宅ばかりでしたが、個人的にひときわ目を引いたのがこちらのお宅↓

o0600045013560048039

”玄関を開けるとそこはバスケットコートでした!”

かなり振り切ってますね。
元バスケ部の私としては興奮せずにはいられません!!!

こんな家だったら子供たちも家に帰りたくて仕方ないと思います。
親もそんな子供たちと遊ぶのがきっと楽しみなはず。

”早く家に帰りたい”
”家に帰るのが楽しみ”

そんな”本当に住みたい家”をリノベーションを通じて実現していきたいと改めて感じました。

自然素材につつまれた、やわらかく心地よい風の流れる住まい。

お子様の誕生をきっかけにマイホーム購入を決意されたY 様。新築マンションにはない、自分たちらしい住まいを求めて中古マンション購入× リノベーションを選択。こだわりの内装には、壁には漆喰を、床材には無垢のオークを使用。自然素材につつまれた心地よい住まいは、時間の経過とともに味わい深くなり、愛着も増してきます。

詳しくはこちらから!