Craft Design Technologyの万年筆

先日、工事をしてから2年半が経つA様邸に
壁の補強工事に伺いました。
椅子が擦れて壁がボロボロになってしまう部分があり
そこにマグネットも使える鉄板を張らせて頂きました。

住み始めて数年経つと、「ここをもっとこうしたい」という部分が出てきますが
そういったマイナーチェンジのご依頼を頂くたびに、
大事に住んで頂いているのがわかり、嬉しく思います。

話は変わって、
その鉄板を張る工事が終わったあとA様ご夫妻と
シオガマアパートメントスタイルの1Fにある
レトロな喫茶店でランチをご一緒させて頂き
その足でふらっとシオアパへ。

書きやすさ、持ちやすさ、かっこよさを兼ね備えた
”しっくりくるペン”を探していた私。
お仕事柄文房具に詳しいA様におすすめ品を教えて頂きました。

Craft Design Technologyのプラスチック万年筆。
SONY DSC

通常の万年筆よりもプラスチックでできている分
気軽に使えて書き心地もいい!
とA様が仰っていたとおり、サインペンのようで本当に書きやすいです。
そしてちょっとした角度によって太さが均一でなくなるので
ちょっと味のある字が書けちゃうという素敵アイテム。

字を書く機会も多いので、こういういいものに出会うと気分があがります。
さすがのおすすめ品でした!ありがとうございます!

ちなみに、シオアパさんでは14周年記念イベントを開催中だそうです。
歴代の限定Kチェア14種が3Fに並んでいるとのこと…!
カリモク好きの方はぜひ!
http://d.hatena.ne.jp/sa-style/20170714

アートと夜景が映える、シンプル&クールに削ぎ落とした空間

新築マンションにはない自由設計の面白さに魅力を感じ、中古× リノベを選択されたF 様。海外旅行に行った際に少しずつ買い揃えたアート作品やインテリア。それらがさりげなく飾られそれぞれの個性が映えるよう、住まい全体はシンプルでクールな印象に。高層階から眺められる景色もひとつのアートとして楽しめるお住まいです。

詳しくはこちらから!

中古× リノベで木素材につつまれたスローライフな空間に

木素材を多く使用したインテリアを好まれたO 様。床、壁、扉、造作家具とそれぞれの場所に適した素材を使いわけ、質感豊かな住まいへ。LDK の下がり天井は板貼りにして、ホッと心が和むぬくもりのある空間に。玄関は床に好みのタイルをデザイン貼りしたり、収納の入り口をアール開口にすることで、愛着の湧く住まいの顔となります。

詳しくはこちらから!