GENKYO YOKOO TADANORI

先日、GENKYO 横尾忠則「原郷から幻境へ、そして現況は?」

という横尾忠則さんの個展へ行ってきました。

 

 

B3poster_page-0001

 

美術館に、ましては個展に足を運ぶことが初めてな私でしたが、

横尾さんの創り出す世界観にすっかりとのみ込まれ

気が付けば随分と時間が経っていました。

 

展覧会では、

現在84歳の横尾さんの60年以上に及ぶ作家活動の歴史と、

横尾さん自身の人生をたどることができ、

多様なテーマで数多くの作品に触れることができました。

自分では考えつかない世界観でとても興味深い作品ばかりでした。

 

 

作品を目の当たり出来るだけでなく、

美術館が創り出す空間が日常と違っていいな~と

また新たな発見もありました。

次は、今回の個展が開催されていることを教えてくれた同期と

一緒に足を運んで見たいと思います。

建築文化財を眺められるスペシャルオーダーキッチン

ホームパーティを愉しむご夫婦が一目惚れしたヴィンテージマンション。料理好きなご主人が要望するキッチンと、作ったお料理をご友人に振る舞うためのパーティ会場兼LDK を実現するため、大胆にも空間のほぼ中央にスペシャルオーダーキッチンを配置。奥様こだわりのギャラリースペースも確保しました。9年間住んでみての感想など「オーナー様の生の声」が聞けるまたとないチャンスです。この機会をお見逃しなく。

詳しくはこちらから!