OMOIDE IN MY HEAD展

先日、豊田市美術館に行って参りました。

 

IMG_4200

 

愛知を代表する名建築、さすがの存在感です。

 

目的は奈良美智展でした。

未だ少年ナイフやブラッドサースティブッチャーズのアルバムのジャケットのイメージが強く、

体温の感じる空間も相まり、相変わらずパンクロックを感じました。

 

また同じく森千裕という方の作品の展示もやっていてその名も「OMOIDE IN MY HEAD展」。

この企画展の名前だけでもわかる人にはわかる90年代後半の衝動感。

雰囲気はもう初期ナンバーガールな感じで、ぐっと来て作品集を予約して帰りました。

 

ここまで豊田市美術館がパンクロック色になることはしばらくなさそうですが、

今後も定期的に足を運びたい場所のひとつです。

ルーフバルコニーでゆったり過ごす光と風が心地よい住まい

新居ではバルコニーに出て食事をしたり、窓からの景色を眺めながらお風呂に入ったりと開放的な暮らしを夢見ていたI 様。約30 帖にも及ぶ広々としたLDK+畳スペースは、板張り天井やオリジナルの木製ベンチを配するなど木の温もりが感じられる空間。中央に悠然と構える大きなオープンキッチンは、グレージュの落ち着いた色味の人造大理石天板に、リブ状の深みのあるタイルを壁に装い、どの角度から見ても綺麗なフォルムに仕上げました。

詳しくはこちらから!