写真撮影。

先日、写真撮影にお客様宅へお伺いしました。

o0375050013571326417

持ち物ひとつひとつ拘って選定されており、余分なものは置かない。
お引越しの際に新しく買った家具はないとのことでしたが、あわせて選んだのではないかと思うぐらいバッチリでした。

もちろん、プラン中に家具の写真も見せてもらうのですが。

この広さにこのカラーリングにこのものの量。
うまくプランニングできたと内心ガッツポーズなのです。

また、ご夫婦の持つ空気感を、住まいに落とし込むと同時に、建物の持つ特徴を表しにしました。

建物と住まい手の出会いによって生まれる新しい空間がリノベーションの面白さ。
それを客観的に、時には私も入り込ませてもらって、具現化していくのです。

o0375050013571326572

楽しく温かな時間をありがとうございました。
今度は、ピアノを弾いてもらえたらっと、勝手な期待をしています☆

共働きのご夫婦が穏やかな時間を過ごすためのリノベーション

リノベーションするなら必要最低限のモノで暮らす「ミニマムな生活」を取り入れ、おしゃれな家で住みたいとお考えだったT 様。休日の時間をのんびり過ごせるようリビングには、小上がりのタタミコーナーやデスクスペースを計画。南側の大きなマドから入る光が、住まいを明るく心地よい空間にしてくれます。

詳しくはこちらから!