収納上手になる!

エル・デコ12月号の特集は、「収納上手になる!」

img_10511

 

リノベーションの打ち合わせをする際も必ずでてくる収納

ひとえに収納といってもその方法は

「隠す収納」

「見せる収納」

など人によって求める方向が異なるのが面白いところでもあります。

私としては「見せる収納」でかっこよくしたいと常々思ってはいるのですが

現実は見えないように押し込んでとりあえずすっきりさせてしまうところに行き着きます。

自分がどの方向に向いているのか参考になる特集なので

ぜひ読んでみて下さい。

アートと夜景が映える、シンプル&クールに削ぎ落とした空間

新築マンションにはない自由設計の面白さに魅力を感じ、中古× リノベを選択されたF 様。海外旅行に行った際に少しずつ買い揃えたアート作品やインテリア。それらがさりげなく飾られそれぞれの個性が映えるよう、住まい全体はシンプルでクールな印象に。高層階から眺められる景色もひとつのアートとして楽しめるお住まいです。

詳しくはこちらから!

中古× リノベで木素材につつまれたスローライフな空間に

木素材を多く使用したインテリアを好まれたO 様。床、壁、扉、造作家具とそれぞれの場所に適した素材を使いわけ、質感豊かな住まいへ。LDK の下がり天井は板貼りにして、ホッと心が和むぬくもりのある空間に。玄関は床に好みのタイルをデザイン貼りしたり、収納の入り口をアール開口にすることで、愛着の湧く住まいの顔となります。

詳しくはこちらから!