Maison Kitsune

様々な媒体で紹介されていますが

代官山のアパレルブランド「メゾンキツネ」のインテリアがおもしろいです。

 

建替えとなってしまったホテルオークラ東京の内装をオマージュしているそうで

それらを見比べるとそのニュアンスが伝わってきます。

 

メゾンキツネ代官山

0225kitsune1_552

メゾンキツネ代官山

 

102664

ホテルオークラ東京

 

単にミニチュア的に再現しているわけでないですが

リスペクトの念を感じられる程度には再現されていて

そのバランスが絶妙だと感じてます。

 

そういった古き良き物に対するマインドの継承は

なんとなく男性的なロマンを感じます。

 

雑誌等で見て、体感してみたいと思いながらも忘れかけていましたが、

先日いらっしゃったお客様のメゾンキツネのカーディガンを見て、ふと思い出しました。。。

 

昨年は名古屋市すら出られない程にバタついていたので

今年は(もう3月ですが…)ゆっくりと遠出する計画を実行したいです。

マンション最上階の傾斜天井を活かした豊かな住まい

A 様が選ばれたマンションは天井裏が大きかったため、リビングダイニングは高天井にすべく屋根の傾斜に沿って天井組み。高いところで3 m を確保しました。その高天井にヘリンボーンのフローリングやインナーテラス、流行りのウォークスルークローゼット、落ち着きのある配色が加わり、豊かな団らん空間となりました。

詳しくはこちらから!