フローリングの張り方

リノキューブでは無垢材のフローリングを採用される方がほとんどですが、張り方に種類があるのはご存知ですか?

一般的なのは、乱尺張りで不規則に貼り、一枚一枚がより独立した形で木目を強調するものです。

その他には、写真1枚目のへリンボーン張り、2枚目の写真は市松張り(パーケット)と呼ばれ、最近注目度が上がっています。

o0511032213576703687

o0511032213576703688

他にも、斜め張り、韓国張り、すだれ張りなどがあり、普段視界に入りやすい床にこだわることにより、空間にメリハリがつきやすくなります。

アートと夜景が映える、シンプル&クールに削ぎ落とした空間

新築マンションにはない自由設計の面白さに魅力を感じ、中古× リノベを選択されたF 様。海外旅行に行った際に少しずつ買い揃えたアート作品やインテリア。それらがさりげなく飾られそれぞれの個性が映えるよう、住まい全体はシンプルでクールな印象に。高層階から眺められる景色もひとつのアートとして楽しめるお住まいです。

詳しくはこちらから!

中古× リノベで木素材につつまれたスローライフな空間に

木素材を多く使用したインテリアを好まれたO 様。床、壁、扉、造作家具とそれぞれの場所に適した素材を使いわけ、質感豊かな住まいへ。LDK の下がり天井は板貼りにして、ホッと心が和むぬくもりのある空間に。玄関は床に好みのタイルをデザイン貼りしたり、収納の入り口をアール開口にすることで、愛着の湧く住まいの顔となります。

詳しくはこちらから!