STAY HOTEL

今月のCasa BRUTUS
STAY HOTEL 癒しの宿 という特集です。
0208casabrutus202103_1104-1104x1394

ホテルや旅館の建築は
それぞれの土地柄や文化、景観を建築要素に取り入れている事が多く
とても勉強になりますし、写真を見るだけでも感動します。
今回取り上げられている宿もどれも素晴らしいです。

表紙にもなっている沖縄の「EMIL NAKIJIN」は
海の青さを堪能する為に建物は白一色、という潔さが本当に格好良い。

また、奄美の「伝泊 The Beachfront MIJORA」は
自然との対話や伝統文化の継承というテーマに
建築の担う役割の壮大さを感じます。

日常から解放され非日常感を味わえる癒しの宿。
住宅建築の一片を担っている立場として、そういった非日常感を住まいでも感じられるように、
「帰る度に癒される」そんな住まいを目指して今後も沢山勉強していきます。

かけがえのない瞬間を子どもたちと一緒に楽しく過ごすための住まい

子育て世帯に人気の昭和区で中古マンションを購入しリノベーションをされたT 様。小学生の娘さんを筆頭に3 人の子どもたちと過ごす時間はかけがえのないもの。そんな幸せな時間を一緒に楽しく過ごせるよう、キッチン前には大きな作業台兼ダイニングテーブルを造作。お料理を一緒に作ったり、勉強スペースだったりと使い方は自由自在。そのほかにもロフト付きの子ども部屋やキッズスペースなど、T 様のたくさんの愛が感じられる住まいです。

詳しくはこちらから!